家

テレビアンテナ工事を専門業者に頼むメリットとは?

入居前に設置して問題なし

アンテナ

電波受信機で確認します

引越しや新たに住居を新築したときにはテレビアンテナの工事が必要になってきますが、テレビがなければアンテナ工事ができないので引越後に工事日を設定しなければいけないと考えがちです。しかし、入居した直後からテレビを見たいと思うものですし、必ずしもテレビがなければアンテナ工事ができないわけではないので、引越前のタイミングでもアンテナ工事をしてもらってください。多くの場合、設置するテレビがあればチャンネル設定を一緒にしてくれますが、テレビがなければ受像状態の確認ができないわけではありません。業者はテレビを使って実際に画像が映るかの確認をすることもありますが、電波受信機を使って電波の強さを測定することで確認を行います。電波状態が弱い場合には、ブースターの設置をすすめることがあります。ブースターをつけなくてもテレビが映るかどうかが微妙な場合には、実際にテレビを使いますが、もしテレビが見れた場合でもギリギリの状態で見れている場合には、風でアンテナの角度が少し変わるだけで見られなくなることもあるので、ブースター設置を勧められた場合は追記費用が発生してしまいますが、業者に従った方が間違いありません。新居に入居前にアンテナ工事が終わっていて、実際にテレビを設置したのに映りが悪かった時には、普通は無料で修正にきてくれます。念のため、見積もり書を見て、保証期間や補償内容について確認しておくようにしてください。